Heartful Time

きままブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手←Let's 拍手!
よろしければクリックお願いします♪

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アウトレイジ

遅まきながら、やっっっと見てきました!
「アウトレイジ」

感想、おおいにネタバレ含みますので一応ご注意を







痛い場面も、なるべく目開いて見るぞ!!って思ってたんですけど・・・
いや~、もう全然ダメ(笑)
「痛すぎたら人間笑っちゃう」ってたけしさん言ってたけど、
笑っちゃうとこまで私いけなかったわ・・・
ほぼずっと、「ひぃ~~~」ってなってました


中でも一番キツかったのは、村瀬(石橋蓮司)の歯科医院でのシーン。
あれってどうなっちゃったの~~
ありえない、痛すぎる~~~!!!
完璧目つむってしまったので、開いたら村瀬が鉄仮面みたいになっちゃってました
でも石橋蓮司さんの演技が面白くて笑えて、ちょっと救われたかも
でも、村瀬がなんか一番可哀そうだったな・・・
みんな「騙し騙され」だったけど、この人はずっと「騙され」てたもんね


そんで、やっぱ椎名桔平さんかっこいいわ~~
飯塚(塚本高史)死んでからは、ずっと水野(椎名桔平)メインで見てましたw
あれはもはや10年位前な気がしますけど、
松嶋菜々子さんと一緒にやってた「Sweet Season」っていうドラマ以来、好きなんです
なんだろう、あのセリフまわしがたまらなくかっこいいです。
生き残ってほしかった・・・
殺され方は一番ひどかったですね
あんなことしなくてもいいじゃないか・・・


ていうか、やっぱり皆さん大御所ばっかりなだけあって、
演技がすばらしいですねー。それぞれ。圧巻でした。
特に、池元(國村隼)が、表情や口調は優しい感じなのが、逆に怖くて・・・
私の中では、たけしさんが、一番ヤクザらしくなかったかも(笑)



ストーリー的には、騙し騙され、押しつけ押しつけられ・・・
ヤクザの世界も、どこの世界もいっしょ。
だけど暴力の世界なだけに、それが分かりやすく誇張されてるっていうか。
加藤(三浦友和)が、最後会長(北村総一郎)を殺るんだろうなっていうのは、
なんとなく分かってしまいましたが。
ザ・下剋上 でしたね
ずる賢く俯瞰で見てる片岡(小日向文世)が、結局一番悪いんじゃないか?!
んで、そういう奴に限って、うまく生きてけるのかなーとか思ったり。


しかし、なんかヤクザの世界って複雑だし、次々殺されるしで、
事前にHPとかDVDとか見てなかったら、
「誰が何組?どういう関係?なんで殺された?」って感じで、ついていけなかったかも
ていうか、読んでても若干ついていけなかったとこもあったので、
もう1回見たいかな・・いや、見たくないかな・・・(怖いので)


さて、塚本くん!!
ドチンピラ役、非常~~~に似合ってました
チンピラ風スーツ(?)がまた、似合うんだもの~~
かっこいいって

結構序盤で殺されてしまって残念だったけど、
虚勢はるチンピラ具合も、
池本組って分かって急に弱々しくなる具合も、良かったです
あのチンピラ演技好きだな~~~
言い方とかのチンピラ特有な感じ(うまく言えませんが)が、好き!!!
塚本くんて、「感じ悪~」っていう演技、上手いよね

暴力振るうシーンや、女からカード奪うあたりも、ときめいてしまいました(私おかしい?)
いや、なんか荒々しい塚本くんがかっこよくて・・・
割と新境地、だったのでは。
新しい作品見る度に、「やっぱりこの人素敵だわ~」って思わせてくれるから、塚本くん好きです!!


しかし改めて、この映画に出れたってすごいことだよねー
ファンとして嬉しいです!!

DVD出たら、また見ようっと


ちなみに、余談なんですけどね。
昨日昼に、映画見にいったんですよ。
そんで、帰ってサッカー見て感動して眠りについたら、
塚本くんとサッカー日本代表と飲む夢を見たという(笑)
分かりやすすぎる自分に苦笑・・・
スポンサーサイト
web拍手←Let's 拍手!
よろしければクリックお願いします♪

| 映画 | 19:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釣りバカ日誌 20 ファイナル

釣りバカ日誌 20 ファイナル [DVD]釣りバカ日誌 20 ファイナル [DVD]
(2010/05/08)
西田敏行浅田美代子

商品詳細を見る


映画館に行けなかったので、初めて見ました
(一緒に行ってくれる人もおらず、1人で行く気になれず・笑)
実は、釣りバカ日誌自体、ファイナルにして初めて見ました。
浜ちゃん、ス―さんっていう名前ぐらいは、さすがに知ってましたが!


見て初めて知ったんですけど、釣りのお話っていうより、
人情話がメインなんですね。
釣りはちょっとそこに絡んでくるぐらいで
なので、釣り全然知らなくても見やすかったです。


浜ちゃん(西田敏行)のキャラ、いいなぁ。
西田敏行さんっていったら、ふつう、イコール「浜ちゃん」なんでしょうけど、
私釣りバカ見てないもんで、イコール「どん兵衛」(タイガー&ドラゴン)なんですけど、
わりとあんな飄々としたキャラそのままで面白かったです
小ネタというか、浜ちゃんのキャラが笑えました。
くそ真面目な課長さんとのやりとりがおかしくって


なんかなー。
万年平社員だって、楽しければいいじゃない。
そんな浜ちゃんの底抜けに明るいスタンスに、癒されるっていうか。
長年愛されるのが分かった気がしました。


メインのストーリーは、正直、うーん??
まぁこんなもんなのかなぁ、って感じ
でも釣りバカってそういう感じなのかなー、って。
ちょっと後半、北海道から帰ってからが、ぐだぐだというか、
ついていけなかったかな・・・


でも最後のスーさん(三國連太郎)の経営者としての言葉には感動したなぁ。
こんな会社で働く社員は幸せだなぁ と思いました。
うらやましい。


さて、塚本高史さんは。
映画開始40分後くらい、北海道の地で登場します
牧場で働く、牧場主の息子で、スーさんの知り合いの娘さんと同棲中。
青いツナギ着て、なかなか爽やかでした!


相手のお母さんにお付き合いの許しを請うシーンや、
浜ちゃんとの釣りのシーンでは、いい表情見せてくれました
2人きりの釣りのシーンが結構長くて、カヌーに乗った景色も綺麗で、良かったです
幻の魚を釣り上げるシーンがあって、
おぉぉ釣りキチとかぶってるなぁ!って思ったけど(笑)
確かに、釣りづいてますね、この年は


日本を代表する邦画の最後に出演させてもらって、よかったね
web拍手←Let's 拍手!
よろしければクリックお願いします♪

| 映画 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

about love アバウト・ラブ/関於愛

about love アバウト・ラブ/関於愛 [DVD]about love アバウト・ラブ/関於愛 [DVD]
(2006/02/24)
伊東美咲チェン・ボーリン加瀬亮塚本高史

商品詳細を見る


うーんと。
アバウト・ラブ。
「愛について」っていうより、
「恋っていいな」って作品でした
3本のオムニバスで、それぞれ別個のお話かと思ったんだけど、
びみょ~~~~に、つながってます。
結構そういう隠れた設定っていうのかなー、好きです
でも、ほんと微妙になんだけどね。


んで、3本のうち、3本目(塚本くん主演のやつ)が一番いい
(なんか毎回言ってるような気が・・・欲目かもしれませんがそう思っちゃうんだから仕方ない


1本目「東京編/你好(ニイハオ)」伊東美咲 チェン・ボーリン
2本目「台北編/謝謝(シェイシェイ)」加瀬亮 メイビス・ファン
3本目「上海編/再見(ツァイツェン)」塚本高史 リー・シャオルー

この中国語タイトルがねー、内容にピッタリ沿っているのが、なんとも憎い
特に3本目。(しつこい?)
映画見たあとだと、「再見」って言葉だけで切ないです。。。
いろんな意味が込められてるというか、「再見」って言葉がいろんな風に解釈できるというか。
逆に言うと、「再見」って言葉にこのお話の内容が凝縮されてるというか
そんな、きゅーーーんって切なさの残る作品。
忘れていた何かを思い出さされたなぁー。
恋したいわーー


ちなみに、ざっくり言ってしまうと、リー・シャオル―さん演じる中国人の女の子が、
日本人留学生である修平(塚本高史)に片思いする様子を描いたお話です。


しかし・・・塚本くんて恋される役がハマりすぎやしませんか
そう思うのは私が塚本くんにこーいーしちゃってるからですか?(え)
なんだろー、さわやかで、魅力的な表情がいっぱいで、きゅんとさせられて、
そらこんな男の子いたら好きになるわ~~ って感じなんですよぅ。
ていうか、恋しちゃうんですよ、画面の中の彼に
タイヨウのうたといい・・・
もちろん、そういう等身大の男の子を上手く演じてるからなんでしょうけど、
演じてるって感じがしないというか、ほんと自然に感じてしまう。
リアルというか、なんというか。。。
(うーん、ボキャブラリーがない
うまく言えないけど、とにかく、自然!!なんです!!
まじミッキーとは思えないよ~~~
ミッキーはミッキーで愛しいから手に負えないよ
そして若い頃の塚本くんって、ほんと不思議な魅力がある
惹きつけられてやまない魅力が・・・
あ、それは今もだけどね




ねたばれ注意!!↓

≫ Read More

web拍手←Let's 拍手!
よろしければクリックお願いします♪

| 映画 | 02:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜の上海

夜の上海 [DVD]夜の上海 [DVD]
(2008/05/30)
本木雅弘ヴィッキー・チャオ(趙薇)

商品詳細を見る

日中合同作品
いろいろとツッコミどころはあるんですけど、
それ差し引いても、好きな映画
その大きな理由は、出演者が好きだからかも。


わたくし、外国の方に疎いもので、じつは主役のヴィッキー・チャオって、
この映画で初めて知ったんですけど
んもーーーう、かわいいのなんのって
キュートキューティキューテスト!! ほんとキュートです
もうこの映画のみどころは、彼女の可愛らしさではないかというほど。
ノーメイクで、髪もぼさぼさで、男っぽくて・・・ っていう役どころなんだけど、
その素な感じが、ものすごくかわいいんです。
ぶっきらぼうな彼女が、好きな彼の前では、とっても女の子で
不思議な魅力持った女優さんだなー、って思いました!


それからね、そのリンシー(ヴィッキー・チャオ)が恋してるのが、
ドンドン(ディラン・クォ)。
これがまた、びっくりするくらいイケメンなんです
長身で、スタイルがよくって、すっごいかっこいいの!
台湾の俳優さんみたいですね。
顔は、要潤と速水もこみちを足して2で割って、
ちょっと若かりし頃の反町入れたみたいな感じ(わかりにくー、ってか濃すぎでは
こちらもまた、魅力的な方で。素敵でした


そんで、もっくんは、おいといて。
(いや、もっくんも好きです。素敵でした


脇の西田尚美&塚本高史の絡みが、好きなのよ、わたし。
この2人が並んでる感じだけでも好き
水島(本木雅弘)の彼女の年上女性、美帆(西田尚美)に片思い。
彼女を追いかけて、上海まで来ちゃった河口(塚本高史)、って役どころ。
塚本くん、年上の女性を追いかける姿がなんて似合うんだ(笑)
これはたぶん、おおいに刷り込みもあると思うんだけど
強気ながらもちょっと弱いとこも見せちゃう美帆、従順でまっすぐだけど強引な河口
あくまでも脇な2人ですけど、その脇ぐあいが、とっても良かったです
西田さんの素朴だけど綺麗な感じ、とても好き!
2人とも、とっても役に合ってたと思います


ただ、他にも脇メンバーのラブストーリー的なものがちょこちょこ入るんだけど、
正直そこはバッサリいらなかった気がした・・・
他のメンバーの恋愛模様は、なんかすべてが中途半端。
いらないというか、どうでもいいというか(辛口)
あと竹中直人さんのテンションは、この映画の中では明らかに浮いていたような
なんなら、映画の雰囲気壊してたような・・・


ストーリーは、簡単に言うと、
仕事のパートナーであり恋人でもある水島(本木雅弘)と美帆(西田尚美)は、
お互いその恋人関係に違和感を持ちはじめていた。
そんなとき、水島はリンシー(ヴィッキー・チャオ)と偶然出逢い、
大切な何かを思い出して・・・
一方リンシーは、その日、ずっと好きだった人に失恋したばかりだった。
彼女もまた、水島と過ごすうちに、勇気を持てるようになっていく・・・
っていう感じ。
なので、リンシーと水島が恋におちる、って話ではなかった。(と私は思った)
だから、この映画のキャッチフレーズの、「旅恋」っていうのは、ちょっと違うような気も
ちなみにこの2人が出会っている間、美帆(西田尚美)と河口(塚本高史)は、
水島を探して夜の上海の街をさまよいます。


お話自体は若干冗長的なところもあったけど、
そこはヴィッキーの愛らしさと、上海の夜景でカバー
それにお話自体は、悪くないかな。
まぁありがちといえばありがちというか、ベタなんだけど。
んでも私は、素敵な映画だと思いました


そして、ちょうど結婚おめでとうー、な時期の塚本くん。
先輩がたに、からかわれてますね♪

シネマトゥデイ 記者会見記事
シネマカフェ 記者会見記事

たしか、この会見の数日前に実はお子さんが生まれてたのではなかったか。
もっくん、すごいグッド(バッド?)タイミングな質問
本当は産まれたこと知ってたのかも??



ネタバレ感想♪

≫ Read More

web拍手←Let's 拍手!
よろしければクリックお願いします♪

| 映画 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釣りキチ三平

釣りキチ三平[DVD]釣りキチ三平[DVD]
(2009/10/07)
須賀健太塚本高史

商品詳細を見る


なんていうか、マイナスイオン全開な映画でした
ものすごーーく、川とか行きたくなります(笑)
見てるだけで癒されて、夏に見てたら気持ちが涼しくなれそう
秋田の北ノ又集落ってところみたいですけど、こんなところ今の日本にまだあるんだなぁーって。

ロケ地↓
山釣り紀行さんのページ

本当行ってみたいです!!


お話自体は、実は釣りにも興味はないし、
釣りキチ三平読んだことないし、正直あまり興味をそそられない感じだったのですが。。。
こういうタイプの映画って普段絶対見ないので、
こういうのをほのぼの、ゆっくり見るのもいいなぁ~って思いました

釣り映画っていうより、ヒューマンドラマですね。家族愛。
あとはほんと、画面からあふれる自然を楽しむ映画だと思いました

ただ一つ言うなら・・・
本っ当に自然の景色が美しいので、
この映画の売りでもあるようですが、魚のCGとの合成が、
なんかどうしても違和感でした
話の展開が展開だし、もとがマンガだし、CGでするしかないんでしょうけどね。
というか原作を知らないので、あまり偉そうにも語れませんが


しかし主役の須賀健太くんは、大きくなったねぇ~~~
昔「人にやさしく」っていう、SMAPの香取くんとかと出ていたドラマを見ていたもので、
声がわりにビックリ!!

渡瀬恒彦さん、さすがに味がありますね。
釣り名人っぽかったです。(ごめんなさいこんな感想で)


鮎川魚紳(塚本高史)、いい味だしてましたね~~
いわゆるイケメンだけではなく、こういう変わり種をも個性的に演じられる塚本くんが、やっぱ好きですね♪
しかし、映画見る前、鮎川魚紳姿の塚本くんを見て、
完璧なる「釣りおじさん」な役だとおもっていたのですが(笑)
なんのその、これがかっこよかったです!!!


ちらっとねたばれても良い方は下を

≫ Read More

web拍手←Let's 拍手!
よろしければクリックお願いします♪

| 映画 | 01:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。